日本製を繋ぐ・続ける

 

Made in Japanにこだわる。
品質のためだけじゃない、その理由とは?

国内で流通しているアパレル製品のタグを見ると、生産地が中国やベトナムなどのアジアの国々の名前が書かれています。これは今や、珍しいことではありません。しかし、そんな潮流の中でなぜ今、Made in Japanにこだわるのでしょうか―—。

・アパレル品国産比率は5%以下に

1990年の調査では、アパレル品国産比率は50%程度を占めていました。それが、2009年になると5%以下まで落ち込み、2014年には約3%まで減少。国内生産工場は次々と閉鎖され、現在可動している工場でもさまざまな問題が山積みの状態です。

・慢性的な経営赤字で、人材を確保できない

経営状況が悪く、従業員に低賃金しか払えない。新しい人材も採用できない状態が続いている。

・職人の高齢化と後継者不足の問題

設備の老朽化が進み、若者が働きたいと思える環境が整っていないため、新しい人材を確保するのが難しい。熟練職人が高齢化し、次の世代への技術継承が難しい。

・海外の技能実習生を雇うも、長期的な人材確保が難しい

ベトナムやフィリピン、ミャンマーなど、発展途上国からの技能実習生が縫製工場の労働力になっている。しかし、過酷な労働環境に外国人実習生は嘆き、トラブルを起こすことも。実習生は長くとも3年で帰国してしまうため、人材不足解決につながらない。新型コロナウィルス、円安の影響で状況は悪化していくばかり・・・

・工場の営業力不足

工場は、営業をせずとも受注できた古きよき時代を引きずっている。工賃を上げる代わりにプラスαで何ができるのかを求めてくるアパレルメーカーの要望に応えることが難しく、受注量がなかなか増えない。

さまざまな問題を抱える国内生産工場だが、あえてこの斜陽産業の業界に働きかけ、Made in Japanにこだわったものづくりを続けていきます。
日本の生地のふくよかさ、ふくらみ、心遣い、【notorico】は伝統を少しだけ繋ぎ、続けていきます。